ゲームやお菓子を知らない子供たち…テレ朝『珍百景』山奥の大家族に賛否両論





2018年10月14日にテレビ朝日系列で放送された「何コレ!珍百景」に出演したある大家族に賛否両論の意見が飛び交っている。

山中に住んでいる一家は両親と6人の子供からなる、近頃では珍しい子だくさんの家族である。

関連記事

犬がいない島、唐津市加唐島の島民は犬を買ってはいけない!?

山奥ということもあり、自宅にはテレビやクーラーはおろか、パソコンもない。辛うじて電気は通っているが、食事や入浴は薪を使ってまかなっている。また雨水を使用して洗濯などをするそうだ。

また子供たちはゲームやテレビ番組を知らず、ガムを食べたことさえないという。

ジュースなどは病気や怪我した時しか飲めないという。




父親は世界の諸問題はエネルギーにあると気がつき、この生活を始めたというが、この家族に対して賛否両論が巻き起こっている。

「エネルギー問題を訴える割には薪を燃やしまくりでCO2を沢山出して環境破壊をしている」
「たいへん素晴らしい家族だ」
「真似したいが出来ない」
「親の価値観を子供に押し付けてよいのか」
「インターネットやゲームなど現代人として最低限の知識は子供に与えるべき」

など様々な意見が飛び交うている。皆さんはどう思うだろうか・・・。

(中村昭代 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る