モノマネ芸人のHEY!たくちゃんが10月10日、東京・新宿の大久保公園で開催中のイベント「大つけ麺博10周年特別企画 ラーメン日本一決定戦」において不正行為を行ったことを謝罪した。

このイベントは全国の人気ラーメン店が来場客からの投票により日本一を争うもので、たくちゃんの経営しているラーメン店「鬼そば藤谷」も出店していた。

同イベントの公式ツイッターは10日午後、たくちゃんの店が投票を約束した客に対し500円の商品を無料で提供していたと公表。「日本一を争うイベントにおいて明らかな不正行為として失格処分にした」と報告した。




たくちゃんは、このことに対し「自分に自信が持てず不安な気持ちから、本来やってはいけないと理解しながら不正に走ってしまいました」と経緯の説明と謝罪している。

さて、HEY!たくちゃんといえば、今回のラーメントラブル以外にも多くの「疑惑」が持たれていた芸人である。

彼はTBSの人気番組『水曜日のダウンタウン』にて、同業者である多くのモノマネ芸人から「ネタパクリ」の常習犯として名を挙げられた過去があり、その「クズっぷり」が世間にも広く知られていた芸人だった。

事実、この番組でたくちゃんは、モノマネ界の大御所である原口あきまさから「たくちゃんはすぐに人のネタをパクる」と名指しで批判されたほか、実力派モノマネ芸人で知られる古賀シュウも「井筒和幸監督のネタなんか(たくちゃんに)丸パクちゃんされたんだよ!」と怒りを顕にしていた。




モノマネ界の先輩からの言及に対し、たくちゃんは、「パクったというつもりはないんですけどね……」「先に見たものを自分の発明だと勘違いしてたのか…」と終始シドロモドロ。さらに「まあ、パクったかパクってないかで言えば正直パクりましたよ」とまるで開き直るかのような発言も行っていた。

以上の「クズっぷり」から、ネットなどではたくちゃんの事を「HEY!クズちゃん」、「第二のクロちゃん」と呼ぶ声もあり、今回のラーメン事件以前から彼の本性を知る人にとっては然もありなんといった感じである。

モノマネだけでなく、ラーメンにも不正があった事が判明したHEY!たくちゃん……そろそろ、クロちゃんのようにキツイお灸を据えられるのがいいのかもしれない。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る