【ゆめこの実話怪談】別荘

高校を卒業してすぐのことです。親友の裕香、綾と三人で旅行に行く話になりました。

急きょ、裕香は家族と海外旅行に行くことになったために、私と綾が裕香の別荘を貸してもらうことになりました。しかし未成年の女子だけだと危ないということで、綾の両親と綾の小6の弟も一緒に行きました。

別荘に到着し荷物を置くと、綾と私は別荘に残こり、綾の両親と弟はスーパーへ食材を買いだしに出かけました。

私はお風呂を沸かしていると、突然「ピチャピチャ」と音がしました。




『お湯でも溢れたのかな?』

急いで風呂場に向かうと、長くて白い髪の毛が湯船に浮かんでいたのです。

ビックリして思わず風呂場から飛び出ました。

私が恐怖のあまり凄い顔をしていたためでしょうか。綾が「どうしたの?」と心配そうに聞いてきました。

その時、私は『このことは言ってはいけない』と思いました。綾や綾の家族はもちろん、別荘を貸してくれた裕香に悪いと思ったからです。

それから不思議とおかしな現象も特になく、私たちは楽しく過ごしました。




二泊三日の小旅行、三日目の明け方のことでした。

綾のお母さんの声で「だからじゃない!ダメだ!ダメ!ダメ!」と大きな声が居間から聞こえたのです。どうしたのかと思い、綾と一緒に見に行くと、冷蔵庫に入れた食材が抹茶色になり、液体まで垂れるくらいにとても汚くなっていました。たった三日だけなのに・・・。

「食材、駄目になっちゃったからさー、早めに外出して何処かで食べよう!」

車で別荘を後にしましたが、私は『ああ、綾のお母さんは何かを見たのだな』ととっさに思いました。




数日後、綾から聞いた話ですが、綾のお母さんが冷蔵庫を開けると白髪だらけの女性が「だからー」と呟きながら、中からヌーッと現れたそうです。

その白髪の女性は皺だらけでしたが、顔はまさしく裕香だったそうです。

(夏目夢子 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る