世紀の赤っ恥、逆転の発想!?スペルミスを世界中に拡散





香港のフラッグキャリア(国を代表する航空会社)であるキャセイパシフィック社が所有する機体に、事も有ろうに自社の社名のつづりを間違えるという事態が発生した。

機体の側部には本来、CATHAY PACIFIC とあるべきロゴは、『F』が抜けた状態で、CATHAY PACIIC となっていた。

関連動画
Cathay Pacific 777 Spelling Mistake

キャセイ社が運航するボーイング777-367型が現地19日早朝、香港国際空港に到着すると、目ざとくこの失態を見つけた人間が『香港航空討論區 HKADB』のFACEBOOKページへと投稿した。




これをきっかけに、キャセイ社も自社のツイッターアカウントに以下のコメントと共に転載した。

「Oops this special livery won’t last long! She’s going back to the shop!(あらら、この普通じゃない機体の装飾は長くはないです。飛行機は修理工場に直帰します」

一方でキャセイ社はこの普通ではありえないミスを逆手にとり、「このような『限定版』のチャンスはめったにない」とも言及した。

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©HKADB/Facebook




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る