バンクシー絵画シュレッダー作戦失敗…「かつみ・さゆりの呪い」だった!?





街角の落書きアートから出てきた世界的な人気を誇るアーティスト・バンクシー(Banksy)がまた騒動起こした。

2018年10月5日にニューヨークで開催された世界最高峰のオークション『サザビーズ』で、「少女と風船」というバンクシーの作品が約1億5000万円で落札された。

その直後、あらかじめ額縁内に仕掛けられたシュレッダーが作動して、絵画の下半分ほどが裁断されてしまい、場内が騒然となる事件が起こった。どうやらバンクシーが会場内に潜入しており、リモコンで操作しこの事態を引き起こしたようだ。

関連動画
「バンクシー」の絵画 新たな映像公開(18/10/19)






バンクシーのネットでの激白によると、本来は完全に裁断したかったらしいが、それがアクシデントで途中で止まってしまったようだ。

バンクシーらしくない失敗であるが、それにはある理由があった。バンクシーにはとんでもない呪いがかかっていたのだ・・・。

それは、関西でささやかれる「かつみ・さゆりの呪い」である。

莫大な借金が売り物になっている夫婦漫才コンビのかつみ・さゆりだが、とりわけ旦那、かつみ♥の運の無さは神がかりである。

かつみ♥が投資したビジネスはことごとく失敗し、かつみ♥が購入した株はすべて暴落。かつみ♥が参加すると同時に仮想通貨の価値も急降下した。業界では「かつみ♥が手をつけたらその分野はヤバい」ときえ言われている。

関連記事

「焼肉たむら」は秘密結社!?仮想通貨広めた、たむけんにイルミナティの影






実を言うと日本の芸能界広しといえども、バンクシーのコレクターはかつみ♥しかいないのだ。かつみ♥がコレクションを持ち続ける限り、バンクシーの未来には不吉なことが起こるかもしれない。

ただし、それはそれで違った意味で興味深い。新たな芸能都市伝説の誕生である。

関連動画
かつみ、仮想通貨の口座開設翌日に暴落!妻・さゆりは「怖い」 「よしもと47シュフラン2018」認定式 会見

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『借金星 (ヨシモトブックス)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る