インターネットを騒がせた世界最大の暗号「Cicada3301」【前編】





2012年1月、インターネット上に突如として現れた謎の暗号が存在する。それは「Cicada3301」というもので、黒地に白い文字の英文が書かれたとある画像から始まったものだった。

「こんにちは、我々は極めて聡明な人々を探しています。そのような人々を見つけるために、我々はあるテストを考案しました。このイメージ(画像)の中にはとあるメッセージが隠されています。それを見つけなさい、そのメッセージが我々を見つける為の道筋への手がかりとなるでしょう。我々は、そのすべての謎を解くことが出来るような少数の人々と会うことを楽しみにしています。幸運を。3301」

3301、は恐らく一種のハンドルネームと考えられている。初めにこの画像を伴う書き込みを発見したのはスウェーデン出身の人物であり、本人も暗号解読に取り組み始めた。




その結果、画像データの中にステガノグラフィーを利用してローマ帝国の第4代皇帝であるティベリウス・クラウディウス・シーザーを示すメッセージとランダムに並んだ文字列にたどり着いた。その後、とあるサイトのURLとみられるアドレスが検出されたのだが、そのアドレスを開いてみると「引っかかりましたね。どうやらあなたにはこの暗号の解読は無理みたいだ」という文章がアヒルの写真とともに掲載されただけのページヘと飛んでしまったのだ。

男性はこのメッセージにむしろ奮起して、広くネット上に情報提供を呼びかけ、多くの人が謎解きに乗り出した。

その後、別の人物がアヒルの写真が掲載されたページもまたヒントではないかと考え、「OutGuess」という解析ソフトにかけてみた。するとソーシャルニュースサイト「Reddit」の掲示板へのリンクが出てきて、数時間ごとに暗号化された文章とマヤ文明の数字を示す画像が投稿されている事が判明。

この暗号を解読すると、「Agrippa」という詞の中にさらに情報が隠されている事が判明したのだ。ここにくるまでに多くのプログラマーやハッカーたちが暗号解読に挑戦しており、さらに画像掲示板などに場を移してより多くの人が謎の解明に取り組むようになった。




関連動画
【謎・ミステリー・暗号】ネット上最大の謎…CICADA3301とは?今だに誰も解けない暗号が再び…

【後編】に続く

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る