朝日生命重役から叱責?パワハラ疑惑の塚原夫妻、同社倶楽部から永久追放!?





アトラスでもすでに報じたように、日大アメフト部の殺人タックル問題日本ボクシング連盟のパワハラ疑惑などアマチュアスポーツ界の問題点が次々と明らかになっている。

先日、18歳の宮川紗江選手による勇気ある告発により、日本体操協会の副会長を務める塚原光男氏と、その妻である千恵子氏のパワハラ疑惑が取り沙汰された。

宮川選手と速見佑斗コーチの仲を引き裂こうとしたり、自らの家族を「宗教みたい」と罵倒されたり、「オリンピックに出れないかもしれない」と脅迫されたという行為がもし事実だとすれば、体操王国・日本を揺るがしかねない大事件である。




当初、塚原氏は「全て嘘!」と宮川選手の告発を一方的に全否定した。また妻の千恵子氏は「徹底的に戦う」と言う姿勢を打ち出したが、昨夜突如、全面戦争の姿勢を崩して、謝罪を始めた。

なぜ塚原夫妻が急に謝罪を始めたのが、体操関係者の間では間で上疑念が広がっている。

体操業界の消息筋によると、「朝日生命の重役から塚原氏が叱責されたのではないか」と言う情報が噂されているという。

塚原夫妻の強力なスポンサーでもある朝日生命からの譴責はかなりのダメージであり、それが塚原氏の謝罪につながったのではないかといわれているのだ。




場合によっては、朝日生命体操クラブからの永久追放もあり得ると噂されており、体操協会の功労者である塚原夫妻が今後は体操の世界で孤立する可能性もあり得ると体操関係者は指摘している。

今回の騒動で、「近い将来、確実に(体操協会に)塚原会長が誕生するのではないか」と言われていた希望的観測がなくなったとまでいわれている。

18歳の少女による告発は、塚原夫妻の未来も閉ざしてしまった形となったのかもしれない。

関連動画
「塚原夫妻の謝罪文」 体操協会幹部の受け止めは・・・(18/09/03)

(大山朱姫 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る