中尾彬は甘えん坊!妻・志乃からの電話は無視…でも逆に出ないとブチ切れ!!





2018年8月17日、フジテレビ系列で放送された「ダウンタウンなう」に俳優の中尾彬・池波志乃夫妻が出演した。

人生の終活に入った中尾は、様々なものを整理しているという。沖縄のアトリエを手放し、400本持っていたネジネシを半分にしてしまった。また、古い思い出の写真を焼いてしまい、ブランドのお皿や毛皮も引き取ってもらった。貴重な一万枚を超える写真を焼いたことに関しては、「一緒に写っている人はみんな死んでいるから」と中尾はウソぶいて見せた。

他にも、池波の口から中尾のワガママぶりが披露された。

関連記事
おしどり渡辺徹&榊原郁恵の激烈夫婦ケンカ!理由はオナラ、おかずの鮭!?
渡辺徹・榊原郁恵ファミリーの奇妙な習慣、年末はパンツ一丁で朝ごはん!?




中尾は、朝起きると用もないのに「志乃!!」と名前を呼ぶ。その時間は場合によっては早朝の5時だったりする。池波が無視していると、その日は1日機嫌が悪い。中尾は朝一番に鼻に貼っているブリーズライトを池波の手で剥がしてもらいたいのだ。

また、中尾は携帯電話で一度会話したあと電源を切ってしまうので、その後妻からの電話があっても気がつかない。3日ぐらい経って「あっ、志乃からの電話だった」とようやく気がつくことが多いようだ。そのくせ、中尾から池波に電話をして、池波が電話に出ないとブチ切れるという。

実に仲の良い理想の夫婦だ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『終活夫婦




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る