イギリスのUFO研究家が不審な死、PC等のデータが抹消されていた!?





イギリスのあるUFO研究家かつ有名陰謀論家でもあった、人物の死に奇妙な疑惑が出てきて、遺族らが問題視している。

イギリスのUFOハンターとして知られる民間のUFO研究家マックス・スパイアズ氏は、2016年12月にポーランドへの会議出席を兼ねた旅行中に39歳の若さで急死した。彼は無くなる前に2リットルの黒い血を吐いた等と言われているが、遺族や友人が一番不可解としているのが持参していたラップトップの中身がきれいに削除されてしまっていた点だという。

一緒に旅行していた友人によれば、亡くなった直後にはデータに変わりはなかった事は確認済みだという。ラップトップ以外にも彼のスマートフォンもSIMカードが抜き取られた可能性があり、ポーランドの救急サービスの口座にも不可解な点があるなど、奇妙な点は多いという。また彼は旅行に行く前はいたって健康体であり、英国でも司法解剖は行われたが死因は特定できなかったという。




関連動画
マックス・スパイアズ:陰謀論家者、謎の死(第1部) – BBCストーリーズ

遺族や友人らは彼が何らかの事件に巻き込まれたのではないか、何らかの隠蔽工作が行われたのではないかとしてポーランド当局に情報公開を要請。弁護士はポーランドの緊急サービスの職員にも証人として出頭するよう要求した。

UFOを目撃したり、調べている人の元には情報を隠蔽しようとMIBを初めとする奇妙な人物が現れ警告を残していくと言われている。彼もその標的となってしまったのか…等と考えがちだが、遺族らはそうは考えていない。亡くなったスパイア氏はUFO調査の関係で政治やビジネス、エンターテイメント界の著名人と広く交流があり、これらの人脈から何らかの事件に巻き込まれてしまったのではないかと考えているようだ。

遺族や友人は彼の不可解な死に関する証拠等をまとめた700ページの文書を、来年から本格的に行われる調査のためにポーランド語で翻訳して公にする予定だという。

果たして、彼の謎めいた死の真相は明らかになるのだろうか。

関連記事
British UFO hunter’s laptop was ‘wiped’ after mysterious death





(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©OYA1100 YouTube

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る