新種のUMAか!?スペインに空飛ぶマンタのような謎の生物が飛来!?





以前、本アトラスではアメリカ在住のカメラマンが撮影に成功した光るアメーバやマンタにも似た謎の生物について紹介した。正体については、恐らくレンズゴーストによる可能性が高く、実際に生物の姿が捉えられたかという訳ではないようだ。

だが、一方で本当に「空飛ぶマンタのような生物を見た」という証言も存在している。

スペイン南部のアルメリアに住む男性は、6月27日に奇妙な生物を目の当たりにしたと証言している。彼は地元で開催されたイベントに出掛けており、自宅に帰ってきたのは既に夜間だった。彼が運転する車が自宅の近くに差し掛かった時だった。

「時間にして約5秒ほどだった。それは私の左側から道路を横切って、車のライトの前を通りすぎていった。それは地面から約5メートル程の高さを直線的に飛んでいた」




目撃者によると、その生物は約5メートルほどの大きさで、全体が黒く見えたという。

「生物の翼は体長さと同じくらい大きく、首から端まで繋がっていてテーパーがかかっているように見えた。翼の形は途中まではコウモリのように見えたけど、ライトに照らされたそれはマンタ(イトマキエイ)が羽ばたきながら飛ぶようだったよ」と目撃者は説明している。

なお、生物が直ぐに夜の闇の中に消えてしまったこともあり、翼以外の付随物―――例えば頭部や尻尾などを確認することはできなかったという。よって写真を撮影することもできず、画像等も現状は存在していない。

果たして、この生物は何なのだろうか。規格外に巨大な鳥や古代の翼竜の生き残りのような生物が目撃されることはままあるが、まだ人々に知られていない別の生物が生息しているのだろうか。




関連動画
Mobula Rays belly flop to attract a mate – Shark: Episode 2 Preview – BBC One

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る