デマ拡散!『漫画家・高橋留美子』死去?似た名の別人と甚だしい勘違い…





ネットでとんでもないデマが拡散している。

「うる星やつら」「めぞん一刻」「犬夜叉」などのヒット作品で知られる人気漫画家の高橋留美子が熱中症で死去したという流言が広がっているのだ。

もちろん、高橋留美子は健在であり、根も葉もない噂である。このデマの元となった事件は以下の事件である。




2018年7月20日、大阪府羽曳野市の民家において、高橋才市さん(82歳)と妻の高橋美留子さん(78歳)が心肺停止の状態で発見され、病院に搬送されたものの熱中症で死亡が確認された。

大変悲劇的な事件であり、亡くなったお二人には追悼の意を表明したい。

どうやらこのニュースが、「高橋留美子死亡」というデマの原因になってしまったようだ。

有名人の死亡伝説は度々拡散することがある。「スタローンの死亡伝説」「伊東四朗は10回以上死んでいる」「死亡の誤報第一号は野口雨情」などがアトラスでは話題に上っていた。

(和田大輔 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『るーみっくわーるど 35 ~SHOW TIME&ALL STAR~ (特品)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る