あの長寿アニメ番組は未来を大量に予言していた!?「シンプソンズの予言」





本アトラスでも過去に何度か取り上げているが、小説やマンガなど創作物がまるで事実を予言していたような内容だったりするケースがまれに報告されている。

それは海外でも例外ではない。タイタニック号の沈没を予言した小説や、9.11テロを予言していたような内容の小説が存在した話などが有名だろう。もちろんそれは小説に限った話ではない。アニメやマンガにも存在しているという。

特にアメリカの有名な長寿アニメ「シンプソンズ」では、「過去に放送された内容と同じ事件が現実でも起きている」として注目を集めているのだ。有名な「シンプソンズの予言」は多数あり、近年に絞ってみても何件か見つかる。

関連動画
シンプソンズの実現した予言選集






一つは「トランプ大統領当選の予言」だ。トランプ大統領はそれまで実業家としての側面が注目されており、創作の世界でも彼をモデルにしたコメディタッチの悪役が描かれたりすることが多かったのだが、シンプソンズでは2000年にトランプ氏が大統領になる内容を放送。しかも、彼の独特な選挙運動の言葉まで詳細に予言していたり、ロシアとの関連性を匂わせる表現もあったりするのだ。

また、2013年に放送されたエピソードでは、アニメに登場したニュース画像のスクリーン下に流れる字幕には「欧州がギリシャを ebay に競売に出した」と表示されていた。それから三年も経たず、ギリシャは経済危機に陥り、他のEU諸国との間に亀裂を生むこととなった。




他にも「シンプソンズの予言」は多数あり、2014年W杯でのドイツの優勝(ブラジルに勝利するところも一致していた)、エドワード・スノーデン氏が暴露した「アメリカ国家安全保障局による国民の盗聴」、放送から17年後に的中した「エボラ出血熱の流行」、またノーベル経済学賞の受賞やヒッグス粒子の発見なども存在している。

一部の内容は、ある程度予測がつくものであるし、社会風刺的な内容の話であれば半分ジョークとして作成した内容が現実と合致してしまうこともあるだろう。しかし、そんな側面を差し引いても「シンプソンズの予言」は精度が高く、政治経済から芸能・文化面まで分野を問わず吉事も凶事も当てているという点がある。

果たして、今後的中してしまう内容はあるのだろうか。シンプソンズファンでなくとも、気になってしまうものだ。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『ザ・シンプソンズ MOVIE (劇場版) [Blu-ray]

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る