人気落語家・桂歌丸81歳で死去、業界や各方面から惜しむ声続々!





日本テレビ系列で放送されている人気番組「笑点」に長く出演し、司会を務めるなど人気者になった落語家の桂歌丸さんが午前11時43分、慢性閉塞性肺疾患のため横浜市内の病院で亡くなった。享年81歳であった。

ここ数年は体調崩し、テレビ露出なども控えてきたが、地方興行においてはいまだに金看板であった。

番組において、毒舌とブラックユーモアを交えた六代目三遊亭円楽との掛け合いは人気であり、多くの視聴者に親しまれた。

関連記事
笑点都市伝説、さよなら!!歌丸さん、その功績に日本中が大絶賛!
【影響いまだ強固!?】歌丸司会「ゴルスタ笑点」がTwitter上で開演!?




昨年あたりから限界説がささやかれ、地方の落語イベントでは常に代役が想定されていたという。本人もあまり時間が残されていないと自覚していたようで、落語界の将来を託す3人の名前をあげたりしていた。

一部では人間国宝の呼び声も高かったが、師匠の桂米丸が存命中のため見送られたと噂されている。

落語界において本当に惜しい人物を失くした。この損失は計り知れないくらい大きい。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像『桂歌丸 名席集 CD-BOX




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る