有名人の造語、憲武「ツーショット」さだ「目がテン」さんま「バツ1」…

有名人が口にして、日本語として定着してしまうことがある。

例えばアトラスでも紹介したように、元々北海道の方言であった「ガッツリ」という言葉は極楽とんぼの加藤浩次が広げたと言われている。また、ヘソから下へと体毛がビッシリと豊富な状態を「ギャランドゥ」と呼ぶが、これは松任谷由実が西城の楽曲から名付けたと言われている。




他にも大竹しのぶと離婚会見を行った際に、明石家さんまが額に×を書いて現れたことから、離婚をすることを「バツイチ」と呼ぶようになった。

さらに、さだまさしが「目がテンになる」と言う表現を編み出し、とんねるずの木梨憲武がバラエティー番組「ねるとん紅鯨団」において「ツーショット」という言葉を生み出した。他にもサザンオールスターズの桑田佳祐が「ニューハーフ」と言う言葉を作ったとされている。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)



画像『やばい老人になろう やんちゃでちょうどいい

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る