【陰謀論?!】米国が北朝鮮の弾道ミサイル分割隠匿を見破った?

世界が注目していた米国と北朝鮮のトップ会談が中止となった。延期ではなく、中止という部分が事態の深刻さを表している。

既に日本に駐留する米軍には準戦闘態勢の指示が回っており、太平洋艦隊も北朝鮮に向けて梶をとっているらしい。

軍事評論家の友人に話を聞くと、この米朝トップ会談中止というのは米国のシナリオどおりだと指摘している。




経済的に破綻寸前となっている北朝鮮としては米国との会談は早急に行いたいものではあるが、米国に屈服したという印象を諸外国や自国民に与えたくない。そこで強気の姿勢を崩さなかったのが今回の中止を招いた可能性が高い。

確かに北朝鮮の主張もわかる気がする。戦争を行い無条件降伏したわけではないのに米国の高圧的な姿勢には疑問を感じるのは道理であろう。

しかし、米国はトップ会談をやると見せかけて、米国の高圧的な態度に北朝鮮が反発し、会談を中止にするというまでを筋書きとして準備していた形跡がある。

では米国の狙いとは何んだろうか・・・やはり目的は、金王朝の打破と軍人によるクーデターである。




あくまで噂、陰謀論と前置きするが北朝鮮の軍人の多くが米国と通じており、クーデターの際には米国が援護射撃するという密約があるらしい。

米国としてはもう少し言う事を聞く軍事政権が北朝鮮に生まれることを切に願っているようだ。

あくまで都市伝説で陰謀論だと再度言明しておく。

関連記事
北朝鮮・金正恩専用列車、完璧な暗殺対策が施されている!
江頭2:50VS北朝鮮美女応援団…江頭ジャパン、美女応援団笑わすことに成功!

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る