怪談「おもちゃの電話」(3)

怪談「おもちゃの電話」(2)より続く

Nさんは奥さんに、娘の会話のことを話した。

「気持ち悪いわ。こんな偶然があるのかしら。そう言えば・・・」

奥さんは急に青い顔をして黙り込んでしまった。何があったのか聞いてみると、今日の夕方、娘が同じような変な会話をしていたのだという。




今度は、Nさんの古くからの友人Aさんに何かが起きる話だったという。Aさんは度々Nさんの家に遊びにきていて、娘もよく懐いていた。奥さんもその会話を耳にして不気味に思ったらしく、娘を問いただしたがよくわからないことを言っていたらしかった。

「もうそーつ、になるって」

娘はそんなことを言っていたのだという。「もうそーつ」とは何なのか、奥さんにはわからなった。

Nさんも同じだった。いったい何を意味しているのか皆目検討がつかなかった。友人の身に何か起きるのではないか。そんな漠然とした嫌な予感に襲われ、友人に電話をして警告しようかとも思った。




だが、結局できなかった。いったいどのように説明したら良いのか分からなかった。

「娘がおもちゃの携帯でこんな会話をしていたから、気を付けた方が良い」

会話をイメージすればするほど馬鹿らしくなって、やめてしまった。

(※続く)

(監修:山口敏太郎)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る