日本大学アメフト部、加害者学生に対し口止め工作か?記者会見阻止を図る!

問題が深刻化している日本大学と関西学院の間で起こった悪質タックル事件。

一歩間違えれば半身不随になるような悪質なタックルであった。監督の指示が出たものと思われるが、現状ではあくまでそれは推論であり、加害者である日本大学の監督の口からはその辺の説明が何もなされなかった。

本日加害者男性の記者会見が行われる。果たして悪質タックルの指示が監督から出たものなのか、それとも自分の意思でやったのかが明確になるものと思われる。




関連記事
悪質タックル事件、被害者父親が告訴!学生も記者会見で監督指示を暴露!?
「(殺人タックルで)壊してこい」日大監督の指示!?選手は指示を受けただけ

しかし、その加害者学生の記者会見は日本大学は認知しておらず、加害者学生が周辺の大人と一緒に弁護士の協力のもと行われる記者会見である。

この記者会見の事実を知った日本大学サイドは慌てているようだ。口裏合わせを指示したいのだろうか、当事者である学生の居場所を周囲の同級生やチームメートに探りを入れているという。




全く見苦しい。大学の指示など受けずに自由に記者会見をやってもらいたい。それにやましいことがなければ日本大学側も堂々としていればいいのに、加害者の学生の居場所を探し回り、会いたがっているとはいささか不審である。

やはり、何かを隠したがっているのだろうか?

(馬鹿拓郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る