勝俣州和、CHA-CHA解散後はヒマな時間をムダなく使い再ブレイクに備えた!





勝俣州和は、バラエティ番組に欠かせないマルチタレントである。グルメやディズニーの知識は確かであり、ロケではその才能をフルに発揮する。そんな勝俣が芸能界での再ブレイクのきっかけを語った。

2018年5月10日、讀賣テレビ制作の「ダウンタウンDX」に出演し、再ブレイクのきっかけを語ったのだ。

かつて萩本欽一の番組にてCHA-CHAというアイドルグループの一員としてデビューした勝俣。後にSMAPのメンバーとなる若き日の草なぎ剛も参加していた伝説のグループだ。

当時はかなりの人気者となったが、解散となり一人になってみると、仕事が全く来なくなった。

普通は落ち込むところだが、休みが出来た嬉しさで勝俣は、毎日のようにグルメ巡りをしたり、ディズニーで遊びまくった。そして得た知識をノートに記述していった。

そのノートが沢山溜まった時、グルメブームとディズニーブームがやってきて、再び芸能界でブレイクすることができたと言う。

いやはや、人間の運というのは全くわからないものである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『いわゆるひとつの誤解デス [7 Inch EP][LP Record]




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る