牛乳納豆茶漬けを発明したのは、実はあの有名人!中高年の健康に良いと評判





今、激烈に熱い人気メニューがある。

「牛乳納豆茶漬け!」と言えば聞いたこともある人もいるだろう。実は牛乳と納豆を同時にとると、納豆の栄養成分が効率的に体内に取り入れることができるのだ。

この不思議なメニューを開発した人物は、なんとフジテレビ系列で放送された『北の国から』で有名な倉本聰なのだ。

倉本といえば、脚本家としてまだまだ現役であり、シニア向けドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系列)は、中高年の間で爆発的なヒットを記録している。

この「牛乳納豆茶漬け」の作り方は実に簡単だ。ご飯の上に納豆をのせ、そこにホットミルクを投入する。さらに醤油をほんの少し垂らして出来上がりだ。

健康に不安のある方だけでなく、中高年は試してみてはどうだろうか。

(すぐれいち恭介 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る