「ペリュトン」

緑色の体毛と翼を持つ鳥の体に、鹿の頭部と足を持つ混成生物がペリュトンである。

ペリュトンの影はその姿を投影せずに人間の姿をしているという。その影を消し、本来の影を取り戻すために人間を殺すと言われている。人間を喰い殺し、残った遺骸から流れでる血を全身にこすりつけると、本当の影を取り戻し、以後は人を襲わなくなる。

1959年にホルヘ・ルイス・ボルヘスが書いた『幻獣辞典』では、ローマ時代の軍人・スキピオ率いる軍隊がカルタゴに侵攻した際にペリュトンの群れに襲われたという既述がある。

関連動画
Dungeons and Dragons Lore: Peryton Secrets






それぞれのペリュトンは1人の人間しか襲わず、人間を1人食い殺した個体は去って行ったという。他にも、地中海を航行する船の船員が、空から飛来するペリュトンに食い殺され、他の船員がペリュトンを攻撃したが、全く歯がたたなかったという逸話もある。

不死に近い生物で、通常の武器ではペリュトンを殺すことは不可能だとされている。異説では旅の途中で死んだ人間の霊が、神の加護を受けて変化した姿だと言われており、ペリュトンの姿で家に帰り、自分が死んだことを家族に伝えるという。




想像上の生物だとされる一方で、目撃情報もあり、自在したかどうか不確かな部分が多い。アトランティス大陸に生息していたと言われているが、ヨーロッパにもいくつかの目撃情報が残されている。

最後に目撃されたのはイタリア北西部にあるラヴェンナという港町で、それ以後の目撃情報はない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る