菊池桃子、脅威ストーカー犯逮捕!タクシー都市伝説…有名人の憂惧

3月31日、警視庁池袋署は菊池桃子へのストーカー行為をした容疑で、元タクシー運転手で無職の50代の男を逮捕した。

ストーカーに至ったきっかけは、同容疑者が運転するタクシーに偶然、菊池桃子が乗り込んだことであった。

配車システムを使って呼んだタクシーだけに、単なる偶然ではあったが、行き先を告げた声と、降車するときにマスク越しに見えた顔で菊池桃子だと判明したようだ。

その後、タクシー運転手はストーカーに変貌し、交際を求めるメッセージを送ったり、付きまとうという行為を展開した。弁護士や警察を通じて何度か警告を行ったが、改めることがなく今回の逮捕につながった。




よくある都市伝説で、こんな話がある。有名人がタクシー乗っていると、いきなりタクシー運転手がこんなことを言い出す。

「この辺〇〇の家があるんですよ。お客さん」

その有名人というのが乗っている本人であるというオチだ。

かくいう筆者もラジオの収録の帰り、タクシーを利用したところ、自宅の前で領収書をもらう時に声で山口敏太郎とバレてしまい、サインをすることになった。マスクなどのカモフラージュをしていても、声などで簡単に発覚してしまうものである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
山口敏太郎の怪異証言 千日前の怪談

画像『スポニチ秘蔵アイドル全集 菊池桃子




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る