【実話怪談】「かえしてください・・・」

 こんな話を聴いた。

 四国のTという友人の証言である。T氏は在野ながらも優秀な民俗学の研究家である。そのT氏が民俗学の聞き取り調査中に出会った怪談であるという。

「具体的な地名はふせてくださいよ」

 そうことわると、T氏はクールな口調で怪談を語り始めた。




 四国の某所に廃病院がある。かつては、そこそこ繁栄し、地元住民にも親しまれた病院であったが、経営難には勝てず、とうとう倒産してしまった。その白亜の建造物は今は朽ち果て、子供たちに人気の幽霊屋敷とあいなってしまった。往時に人で賑わった建造物ほど、朽ちると程良い哀愁をかもしだすらしい。また、そのなんとも言えない幽寂なムードは、心霊好きの心をくすぐった。

「おい、気を付けろ」
「何か発見したか」

 廃病院は毎夜心霊マニアの探検にさらされる事になった。心霊マニアたちの噂によると、昔は有名な病院であったが、廃墟となった今は幽霊の巣窟だというのだ。

 ある時の事、心霊好きなDさんが、同好の仲間と一緒に踏み込んだ。

「よし、何か目撃できないかな、スリルを味わいたいね」
「心霊写真がうつるといいな、ワクワクするぜ」

 Dさんと仲間たちは期待に胸膨らませ、廃病院を捜索した。だが期待にはずれ、何も起こらず、そのまま帰る事になった。

「なんだよ、心霊スポットって言ったって、何にもないじゃん」
「ああ〜期待して、ガッカリ」




 それもそうだ。ここまで来たのに、手ぶらで帰るのも悔しい。

「あっそうだ、これ戦利品としてもらっちゃおうか」
「おっいいねえ、俺も欲しいぐらいだ」 

 Dさんは、病院内に散乱していたカルテを持ち帰ってしまった。

 その日の深夜。突如、電話がかかってきた。

 電話に出ると相手はこう言うのだ。

「カルテ…返してください…」

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る