宇田川敬介が「パナマ文書」についてわかりやすく解説!新刊「パナマ文書公開とタックス・ヘイブンの陰謀」5月23日発売

アトラスにて政治・経済関連の記事を寄稿しているジャーナリスト宇田川敬介氏の新刊『パナマ文書公開とタックス・ヘイブンの陰謀』が5月23日に発売されます。

先日公開され、世界中に衝撃を与えた「パナマ文書」。流出した膨大なデータの中には多くの国の重要人物が名前を連ねており、アイスランドでは首相が辞任に追い込まれた。まさに世界情勢を一変させる存在とも言える「パナマ文書」。

そのパナマ文書によって噴出した疑惑や「タックスヘイブン」とは何なのか、今後の世界情勢はどうなるのかを解りやすく解説します。

〈目次〉

第一章 「パナマ文書」に見えるタックス・ヘイブンとは何か
第二章 タックス・ヘイブンで有名になった世界的な事件と陰謀
第三章 中国とロシアにおける社会主義とタックス・ヘイブン
第四章 「パナマ文書」公開までの隠された真実
第五章 パンドラの箱の開封後の世界金融

また、5月29日(日)には人気の講座【宇田川敬介秘密暴露講演会】がお台場の「山口敏太郎の妖怪博物館」にて行われます。
新刊の内容について質問することも出来ますし、追加の解説も行われます!

ご興味のある方は是非どうぞ!

【宇田川敬介秘密暴露講演会 妖怪博物館にて開講】

ファミ劇の緊急検証シリーズでもお馴染みのジャーナリスト「宇田川敬介氏」の講演会が5月29日(日)お台場妖怪博物館にて開催!

「宇田川敬介秘密暴露講演会~世界の陰謀と怪談と政治の狭間~」メディアでは語られることのないあんな話やこんな話を、生で聞けるのは「秘密暴露講演会」だけ!

今回は伊勢志摩サミットと前回好評だったパナマ文書関連を23日に発売される新刊の内容も交えて語り尽くします!

ただいま予約受付中!

■ タイトル
宇田川敬介秘密暴露講演会~世界の陰謀と怪談と政治の狭間~

■ 日時 5月29日(日曜日) 会場 18:00 / 開演 18:30 1~2時間程度

※妖怪博物館は17時よりセッティングを開始しますので、入館は17時までとなります。ご了承ください

■ 場所 『山口敏太郎の妖怪博物館』 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ シーサイドモール 4F 【電車をご利用の方】 ゆりかもめ『お台場海浜公園駅』下車 徒歩2分 または、りんかい線『東京テレポート駅』下車 徒歩5分

■ 入場料 2400円(妖怪博物館入館料込)

■ 定員 20名 ※会場が狭くなっておりますのでご予約をお願いしております。お早めにお申し込みください

■ こちらの予約フォームよりお願いいたします。





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る