【都市伝説】未来人ジョン・タイターの正体はあの有名な人物だった!?

先日、アトラスでは1998年から2001年にかけて現代にやってきていた未来人ジョン・タイターが、2016年頃から再び活動を再開している事について報告した。

そんなジョン・タイターに衝撃の説が出てきている。その名も、「ジョン・タイター=トランプ大統領」である!

彼は自身が2036年の未来からタイムマシンでやって来たと主張していた。1998年生まれの30台男性で、米軍に所属しており任務のために現代にやってきたとのこと。そして、彼のいる2036年は第三次世界大戦で荒廃してしまっており、未来を変えるために訪れたとも述べている。




未来から来た証拠として、彼はいくつかの予言を残しているが、これは的中したものも外れたものも両方存在している。外れた予言の中には「アメリカが内戦状態になり多数の死者が出る」などの予言もあるため、もしかしたら、彼が未来を変えることに成功した証左なのかもしれない。

一方でこれは現在のアメリカのトランプ大統領支持派と反支持派の対立を指し、北朝鮮に対する強硬姿勢を強めていることとも関係があると解釈する人もいる。そこから転じて、ジョン・タイターの正体に関して衝撃的な噂が出てきているのである。

それが前述した「ジョン・タイター=トランプ大統領」説である。

イギリスのデイリー・スター紙等で紹介された説で、1943年に行われた「戦艦をレーダーから感知できなくさせる」ための実験「フィラデルフィア実験」の調査をトランプ大統領の叔父でありアメリカ国家科学賞を受賞した経歴もあるジョン・ジョージ・トランプ氏が行っていた事に端を発する。

フィラデルフィア実験の結果を検証した結果、彼らはタイムマシンの開発に成功。未来の惨状を目の当たりにしていたのではないか、というのだ。トランプ大統領は「核兵器の恐ろしさを叔父から聞いた」と述べており、また幾つかの偽名も使い分けている。その偽名の一つにジョン・タイターという名前があったともされているのだ。




様々な未来人の書き込みの中で、2016年のアメリカ大統領選挙に触れたものもある。「未来を変えたい」と言っていた未来人の予言では、いずれも大統領に選ばれていたのはヒラリー・クリントン氏であり、トランプ大統領ではなかった。

未来を予め知ったトランプ大統領が、不幸な未来を変えるために出馬し、大統領の地位をもぎ取ったのだろうか?

しかし、世界情勢は未だに緊張したものとなっている。第三次世界大戦への道をひた走っているのか、我々の目で確かめるしかないのかもしれない。

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る