【俳優・白竜の怖い話】喫茶店で見かけた怪しい白い服のお爺ちゃん





白竜と言えば、Vシネマでは欠かすことのできない渋い俳優だ。強面で霊感には無縁の白竜だが、一度だけ奇妙な体験をしている。

読売テレビの「ダウンタウンDX」にて白竜本人が話したエピソードだ。

福岡県のあるラジオ局の下にある喫茶店に入っていたところ、店内はかなり混み合っていた。

白竜がふと視線を向けると、白い服を着た一人のご老人がキョロキョロと席を探している。ただ、このご老人というのが明らかに場違いな雰囲気が漂っているのだ。

「おじさん、ここにおいでよ。この席空いてるからさ。俺たちもう行っちゃうから」

白竜は自分のテーブルの空いてる席にそのおじいさんを座らせた。するとおじいさんは、白竜に向かって奇妙なことを言った。




「あんた、これから仕事運良くなるよ」

白竜がお礼を言ってお爺さんの方を振り返ると、

「えっ・・・」

そこには誰も座っていなかった。

(おかしいな、消えちゃったよ)

前日の晩に九州でコンサートをやった後で、風邪気味だったこともあり自分の錯覚かなと思い、同行していた関係者と弟に聞いてみた。

「ここにおじいちゃん座っていたよね」

「うん、確かにおじいさんがここに座っていたよ。どこに行ったんだろう」

弟も首をひねるばかりだ。白竜は今もこのおじいさんが何者であったのかわからないという。

怪しい老人と言えばアトラスでも過去に記事を掲載している。「サイクリングばあちゃん」「老人と一緒に現れる怪火」などである。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『白竜~六本木侵攻~ [DVD]

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る