止まらない大相撲スキャンダル!理事長派VS貴乃花グループ、醜聞リーク合戦





大相撲の見るに耐えないスキャンダルが日々報道されている。

多くの相撲ファンを悲しませる酷い事態は解決の糸口さえも見えない。背景には、八角理事長を支持する派閥と貴乃花を支持する派閥の暗闘があると言われている。

アトラスでも過去に「相撲は日本を守る結界であった」「大相撲スキャンダルは日本の結界を崩壊させる」などの記事で警告をしてきた。にも関わらずこの体たらく、相撲ファンとしては嘆かわしい。

既に我が国の結界の崩壊は、始まっており、「富岡八幡宮の殺人事件」はその発露といえるだろう。




ワイドショーで維新力が興味深い発言をしていた。理事長派閥、貴乃花を支持する派閥、交互に双方のスキャンダルが出ているというのだ。日馬富士の暴力事件から始まり、理事長派閥の式守伊之助のセクハラ事件、その直後に発覚したのが貴乃花を支持する派閥の大砂嵐の無免許運転による交通事故、その後に発覚したのが理事長派閥の春日野部屋の暴力事件だ。

我々相撲ファンから見ると、まるでお互いにリーク合戦をしているように見えるのだ。

もういい加減にして欲しい。醜い場外乱闘などは見たくない。相撲での好勝負を見たいのだ。一刻も早く大相撲を健全化し、神事としての役割を果たして欲しい。

日本中の相撲ファンは傷ついている。ファンの悲痛な声が聴こえないのだろうか。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『決定版 ビジュアル 大相撲図鑑

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る