シャーロット・ケイト、ガラガラ蛇は食べると美味しい!ノーパン大好き!!





2014年9月から半年間、NHKで放送された朝の連続ドラマ「マッサン」で主役を演じたシャーロット・ケイト・フォックスが、2018年1月10日、日本テレビ系列で放送された「今夜くらべてみました」に出演した。

同番組にて、シャーロットは幼少時代のエピソードをいくつか披露した。

アメリカのニューメキシコ州に生まれた彼女は幼少時からお転婆だった。子供の頃から、男の子のように野外で遊び、石を割るのが好きだった。石を割ると時々水晶が出てくるのが楽しみで、四六時中、石を割ることに夢中だったようだ。

また、ガラガラヘビを時々食べていて、その肉はチキンに似て美味しいものだという。

あと嫌だったのは、パンツを履くことである。パンツを身に付けると窮屈なので、どうしても履きたくなかった。母親の目を盗んでは、ノーパンで幼稚園に行っていた。




そうなると母親が毎朝幼稚園に行く前にパンツを履いてるかをチェックするようになった。そのため幼稚園に行くまではパンツを履いて行き、着いた時点でパンツを脱いでロッカーに入れていた。

幼稚園時代、シャーロットは常にノーパンだったのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『WABI SABI(初回限定盤)(DVD付)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る