2020年にハルマゲドンが起こる!?日蓮聖人が残した予言とは





今年は2018年、あと2年後の2020年には東京オリンピックが開催されるなど色々なイベントが目白押しだ。

そんな2020年は「何かが起きる」!? という予言が複数確認されているのだ。しかも、そのいくつかは日本から出てきているのである。

日蓮宗の開祖である日蓮聖人は、真の仏法を求めて各地を修行して回り、「法華経」に出会って開眼。当時の日本には末法思想が広く浸透しており、末法の世だからこそ正法を取り戻し衆生を救うべきと考えて布教活動を行うようになった。

そんな彼が1260年に書き上げた「立正安国論」である。

ここには外国に侵略されるという「他国侵逼難」と自国内に謀反が起きて世が乱れるという「自界叛逆難」の2つの国難が予言されている。当時は飢饉や災害が起きていたため自界叛逆難については受け入れられていたが、外国からの侵略は到底想像できず、受け入れる人も少なかった。だが、後に蒙古軍が日本に侵略すべく現れたため、彼の論は信じられるようになった。




この「立正安国論」の文面について、実は現代の事を予言していたのではないか、とする説が存在しているのだ。当時は釈迦の入滅を紀元前1000~950年頃と考えられており、その2500年後の時代に末法思想が沸き上がることとなったのだが、現在では釈迦の入滅が紀元前480年頃と見られている。

ここから計算すると、日蓮が予言し立正安国論に記した末法の世はなんと2020年に来ることになるというのだ。日蓮は終末には7種の変事「七難」が起きると記している。

これこそがいずれ起きるとされているハルマゲドンであると考える人もいる。果たして2年後には何が起きるのだろうか。東京オリンピックは無事開催されるのだろうか?

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『日蓮 [DVD]

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る