地蔵山の奇矯

某県に地蔵山という山があります。

山と言っても塚のようなもので 本当に小さいものです。その山にはいやな伝承がありまして、かつて江戸時代の初期に豪農が金の力に物言わせて黄金の地蔵をつくり、塚に埋めたという黄金伝説があるのです。しかし、この地蔵を掘り起こした者には豪農の祟りがあり、ことごとく死んでしまうと言います。




その埋めた場所を暗号で記した古文書がありまして、明治時代に地元の若者5人組が地蔵の発掘に挑んだのち3人が発狂、1人が自殺、1人が行方不明なったこともあったそうです。

大正時代にも発掘を試みた人間がいて、この人も原因不明の病気でうなされ「地蔵がくる。地蔵がくる」とうわごとと言いながら、亡くなっていったそうです。

そして昭和の頃、またまたある成金がこの地蔵の発掘に挑みました。今度の成金は強引で、この山ごと崩してしまったのです。

しかし、地蔵は出て来なかったのです。

気が収まらない成金のおやじは、その土地に大型マンションを建設しはじめました。地元では祟りがあるからやめろという声があったのですが、工事は押し進められました。

しかし、悲劇はおこったのです。現場の視察にきた成金親父は、コンクリートの打設工事を見学していました。




しかし、柱のコンクリート打設面をおさえていた型枠がはずれ、成金親父はコンクリートの下敷きになってしまったのです。5分後、救出された親父は既に窒息死していました。

そして、その体はコンクリートが全身につき、まるで「地蔵」のようになっていたそうです。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る