【実話怪談みたいな?】山口敏太郎事務所の超常現象





 山口敏太郎事務所は管理・営業部が下総中山駅前に、販売部「妖怪本舗」が青梅駅前に、漫画工房が東船橋に、編集部が高根公団にある。僕は常にぐるぐる回って業務の陣頭指揮を執っている。

 だが、時々社員や所属の作家さんから妙な相談を受ける事がある。

 これは某所で報告された事例である。ある日、奇妙な現象が起こるとCくんに言われた。

 彼の話によると、真夜中にキッチンに行くと誰もいないのにお湯が勝手に出ているというのだ。このキッチンの水道というのは、蛇口の上部にある持ち手を上向きにすると水が出る仕組みであり、そう簡単には水は出ないようになっている。

 お湯に至っては一度左に思いっきりひねった上で持ち手を上げないとお湯は出ない。お湯が出るのは単なる蛇口の緩みや最後に使った人の締め忘れとも思えない。

 はて、一体これはどういう事だろう。




 しかも、このひとりでにお湯が出ているという現象は一度や二度ではない。発見者はCくんの他にも二人いて、回数も五~六回に及ぶのだ。

 このキッチンは深夜の安い時間帯に電気を使ってお湯を沸かしているために、もしかして沸騰した圧力で蛇口の持ち手が上がったとも考えられるが・・・では、左にひねったのは一体誰だったのだろうか?

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る