何かの前兆か…アメリカ全土に響き渡った謎の怪音!未だ不明なその理由

11月半ばからアメリカ全土で奇怪な事件が発生して人々を混乱に陥れている。

それは謎の大きな怪音がどこからとも無く響き渡る、というもの。音が確認された地域はアラバマ州、カリフォルニア州、アイダホ州、ミシガン州、ニュージャージー州と非常に広範囲にわたっており、最近ではコロラド州でも騒音が聞こえたとCBS Denverが報じている。

これらの音は地響きに加えて爆発音のような、何か大きなものが崩れるような、不気味で非常に大きな音だったとする声が各地の住民から寄せられている。

関連動画
Mystery Boom Caught On Camera

コロラド州で観測された怪音に関しては、気象学者のクリス・スピアーズ氏が時期的に考えて観測された流星群のうち、幾つかが大気圏突入した際に音を発したのではないかとする仮説を上げたが、同じく天文学者のロン・ハラナック氏は流星によって発される音はもっと小さいものになるはずだと反論している。

コロラド州の場合は、同州に存在する石油・天然ガス会社の貯蔵タンクが潰れたり破裂した音ではないかとする意見もあった。そのため、コロラド石油ガス保全委員会(COGCC)は所有する貯蔵タンクやその他設備の確認・点検を行ったが、いずれも破損などの異常は見られなかったと証言している。




コロラド州だけではなく、他の地域で観測された怪音も未だ正体や発生源は分かっていない。

過去に本アトラスではカリフォルニア州サンディエゴで観測された謎の爆発音について報告しているが、この時の音もまだ正体は不明となっている。果たして、真相が解明される日は来るのだろうか。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る