タイで起こった猟奇殺人事件は悪霊の仕業!?遂に呪術師が雇われた!

現在、タイで不気味な殺人事件が発生。当局が捜査に乗り出している。

タイはカラシン州ノンクンシ地区にて、4人の男性が相次いで殺害。いずれも遺体は激しく損壊しており、地元の人々は「伝説に出てくる幽霊のしわざではないか」と噂しあい、恐れているという。




現地には、人間の内臓を食べて犠牲者を殺す女性の悪霊「ポルブ(porb ghost)」の言い伝えが存在しており、目をつけた人間は内臓を少しずつ食られてしまい死に至るとされている。

東南アジア各地では、ボルネオ島の「ペナンガラン」マレーシアの「ポンティアナク」等、未だにこれらの妖怪が人を襲うと信じられている一面がある。

関連動画
TOP 5 REAL GHOST VIDEO ! From Thailand

事件が起きた現地の村人たちも、この悪霊を遠ざけるために呪術師を雇い、人々を脅かす悪霊を地域から遠ざけるように特別な儀式を行って、これ以上被害者が増えないように対策を練っているという。




一方で現場に入っている当局の保健医療チームの責任者であるPairat Songkhram博士は、現在被害者らの死因に関する調査が進行中であると述べている。現在はまだ4人の死因はすべて明らかになっていないが、彼らの死因が判明すれば村人たちを恐れさせている幽霊の正体を突き止め、迷信を取り除くことができると当局は考えている。

(加藤文則 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る