海で何をしたかったのか?「ゾービル湾の水を汲む宇宙人」

1950年7月、カナダ・オンタリオ州ステープロックにあるゾービル湾において、釣りをしていた男性とその妻は、途中休憩をとっていた。

その時、突然「ズーン」という音が聞こえた。




異常な音の原因を確かめるために、湾が見渡せる岩山に登ったA氏と妻はとんでもない物体を目撃した。

金属製のお皿を二つ合わせたような物体が海面に浮いており、その淵にあたる部分には窓のような黒い穴があった。

物体の上部には出入り口のような穴があり、身長が1.2mぐらいのロボットのような動きのぎごちない乗務員がいるのが確認できた。




そのうちに、一人の乗務員が緑色のホースを出して海水を汲みはじめた(海中に何かを放水していた可能性もある)。

一度A氏と妻は観察するのをやめたが、再び覗いてみると物体は7色の光りを放って2.5mほど上昇しており、あっという間に北に向かって飛び去ってしまったという。

関連動画
Formación OVNI S En Lago Ontario canada▬UFO Lights over Lake Ontario 23/05/2017

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る