30人以上を食べた!?ロシア騒然、人喰い夫婦の戦慄シリアルキラー発覚!

ロシアにて、前代未聞の大量殺人事件が発覚して話題になっている。

ロシア国営メディアは25日、南部クラスノダール地方で35歳の男性とその妻を殺人事件容疑で逮捕。被害者は一人ではなく複数人であり、確認されている以外にも多くの被害者が存在している可能性があるとして当局が捜査を進めている。




夫婦は被害者を殺害した後に死体の一部を食べていたと見られており、犯行は少なくとも1999年以降に始まり30人以上の人々が殺害された可能性があるという。

事件が発覚したのは今月、クラノスダールの路上に落ちていた携帯電話のデータからだった。データの中にはバラバラになった女性の遺体の前で自撮りする男性の写真が入っており、翌日になって女性の遺体が付近にあったかばんの中から発見された。

当局が携帯電話の持ち主の男を取り調べた所、当初は殺害を否定しており、見つけた遺体と共に写真を撮影した後に携帯電話を無くしたと主張していた。しかし、後に写真の女性と2012年に殺害された別の人物2人の殺害を認めたという。

当局が夫婦の自宅を捜査したところ、加工された人の手が入ったガラス容器が発見された。男の供述によれば、ガラス容器の手は殺害した人物の遺体の一部だという。

これまで警察は7人の被害者とその身元を特定したが、まだ多くの被害者がいると見て調べているという。




シリアルキラーの多くは自らの犯行を追体験するために犯行時の写真や被害者の写真、遺留品を残しているケースが多い。今回は携帯電話のデータの中に被害者の写真があったために発覚に至ったのではないだろうか。

ロシアでは他にも多くの未成年を殺害し、遺体の一部を食べたとするアンドレイ・チカチーロなどシリアルキラーの例があるが、捜査当局は今回の事件をロシア史上最悪の人肉事件と見て捜査を行っている。

関連動画
Cannibal Couple Suspected Of 30 Murders In Russia

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る