【アメリカ発】目撃者多数、UFOは今回の皆既日食を熱心に観測していた!?

先日、全米が注目した皆既日食。北米大陸を横断する一大天体ショーに、多くの人々が酔いしれた。だが、この時なんと各地で同時にUFOの目撃情報が報告されていたのである。

アメリカの民間UFO研究機関である相互UFOネットワーク(MUFON)には、米国全土から、UFOを撮影または目撃したと主張する人々からの報告が殺到しているという。

リアルタイムで気づいていなかったが、ビデオやカメラ機器で記録した日食の様子を確認して初めて気づいたという人もいたようだ。

こちらはネブラスカ州スコッツブラフ国定公園で撮影されたもの。丘の上には3つの黒い円盤状の物体が浮かんでいる様子が捉えられている。目撃者によれば、裸眼やカメラのファインダーでは何も見えなかったが、その日の午後に写真を確認して初めて物体に気が付いたという。3つの物体は微妙に形状が違っており、1つは長くて弾丸の形をしており、他の2つは縁がぼんやりしている。

また、オハイオ州では暗い円盤状の物体をが写真に捉えられた。

コロラド州デンバーの別の目撃者は、日食の写真に一緒に黒い物体が写っているのに気づいて驚いたという。

撮影者は裏庭から日食の空の様子を写真に撮っていたが、ものの数分後に写真を確認したところ、奇妙な物体が写っている事に気がついたのだという。鳥が写っているのかもしれないと思った撮影者がその部分を拡大してみたところ、そこに写っていたのは円盤状の謎の物体だった。

他にも、謎の光る物体が複数出現したのを肉眼で目撃し、カメラで追いかけて撮影した動画等、このような証言や画像がMUFONには全米各地から送られて来ているという。数十年ぶりの天体ショーを、宇宙人たちも観察していたのだろうか?




関連動画
Three ‘flying OBJECTS top spike during total solar eclipse

UFO Sighting on ABC7 News during Eclipse Aug. 21st, 2017

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る