見えない何者かがスタッフや客を襲う!?有名ナイトクラブで起きた怪現象

イベントが日々行われ、若者に人気のナイトクラブ。そんな場所で起きた怪現象を監視カメラが捉えていた。

イギリスはリバプールのEberle Streetにある人気のナイトクラブ『Brickworks Club』にて異変は起きた。

監視カメラはフロアから離れた位置で電話をかけている女性の様子を捉えている。会話に夢中になっている女性の背後で、誰も触れていないのにテーブルに置かれた紙が床に落ちる。そして、後ろに誰もいないのに女性が驚いたような大きなリアクションを見せる。目に見えない何者かが彼女に襲いかかったように。女性は何が起きたか解らず、その場から逃げ出して動画は終わる。

このナイトクラブでは他にも奇妙な現象が捉えられている。各所の監視カメラには頻繁に謎の発光体オーブが激しく飛び回る様子が記録されている他にも、ひとりでに流れるトイレ、ちらつく電灯に響くラップ音、ダンスフロアには誰もいないのに黒い塗料の足跡が浮かび上がる等の現象が報告されている。




このナイトクラブの歴史は長く、1715年にBlackberry Lane Theatreとして営業を開始した。1810年に劇場は廃業され、建物は一度穀物倉庫になったが、後にGarlandsという名前で同性愛者のクラブとして営業再開、24年後に現在のナイトクラブになって今に至る。

この現在のナイトクラブの前身だったころから幽霊騒動は度々起きていたそうだが、ここまで頻繁に幽霊が出だしたのは現在のナイトクラブになってからだという。

クラブの関係者はFacebookにて一連の事件を調査中とのこと。イギリスでは、歴史ある建物には幽霊がつきものという考えが根強く残っている。近いうちに何らかの詳しい調査結果が出てくるのではないだろうか。

※関連記事内に動画リンクあり

関連記事
Is a GHOST plaguing popular nightclub? Eerie CCTV footage shows mysterious orbs and papers blowing onto the floor

(加藤史規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画(この動画は上のナイトクラブとは異なります)
Surveillance Video Shows Ghost Of Girl At San Francisco Nightclub




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る