【実話怪談】追いかける男

ある深夜、最終電車に於ける奇怪な実話を語りたい。

線路伝いに電車のあとを懸命に走ってくる。

「一体なんだ、酔っ払いか!なんだ奴は?」

それにしても電車を追いかけるそのスピードといったらば只事ではない。Jさんは食い入るように男の姿を見た。

そのうち男の腕が・・・もげた。そして足、胴体、首、と次々に線路の上でバラバラになっていったのだ。




「な、なんだ。あれは」

自分の体の中から血の気が引いていくのがわかる。すると隣に立っていた見知らぬ老人が話しかけてきた。

「ほう、あんたにも見えるかね。あれは自殺者の霊、何度でも轢いてくれと電車を追いかけとるんだよ」

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真素材足成

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る