UFOは巨大スーパーマーケット店舗並みの大きさだった!

2008年1月8日の夕方、アメリカはテキサス州フォートワース南西一帯の広い地域に住む人々が巨大なUFOを目撃したとする事件が起きた。

その大きさは、証言によれば「郊外型スーパーマーケットであるウォルマートの店舗を越すサイズ」と史上最大級。この事件は地元のみならず世界でも報じられた。

目撃証言は広範囲にわたり、スティーブンビル、ダブリン、セルデスなど複数の地域で多くの住民たちが高速で低空を飛行する巨大な物体を目撃していた。この時目撃されたUFOは証言を集めると、全長が約1.6キロ、幅が約800メートルで扁平な形状をしていたという。証言の中には、そのUFOを追跡する米軍戦闘機の姿もあったというものもあった。




目撃されたフォートワースにはアメリカの空軍基地もあるため、スクランブルも考えられなくはない。しかし、米軍はUFO目撃証言や戦闘機の発進を否定していた。

だが、後日米軍は訓練空域で戦闘機の訓練飛行を実施していたと見解を翻している。だが、あくまで戦闘機の訓練であり、UFOもレーダー等で確認できなかったとしている。

だとすれば、多くの人々が目撃した巨大な飛行物体は何だったのか。軍がUFOの存在を隠そうとしていたのだろうか。事件は未だに謎に包まれたままだ。

関連動画
Most HORRIFYING UFO Sightings Ever ! Huge UFO Landing Caught On Tape

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)
画像©Scary videos youtube




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る