浜名湖に巨大なUMAが現れた!?「浜名湖のハマちゃん」騒動

2012年3月19日の静岡新聞にて「浜名湖にて、未知の巨大生物を発見か?!」の見出しが躍り、地元静岡県民のみならず、日本中のUMAマニアに拡散した。

同18日午後3時半ごろ、釣り人から情報を得た浜名漁協新居支所(湖西市新居町新居)から湖西署に通報があった。

それは「体長4〜5メートルもある巨大な生物が、浜名湖を回遊中」という目撃情報だった。湖西署員が急行し、目撃現場の新居漁港から湖上の確認作業を行った。すると、港から見て東方沖合い約300メートルのポイントで、時々浮上する茶色い巨大生物が確認されたのだ。




同20日にも巨大生物は出現している。さらに同29日午後、浜名湖の今切口付近に出現、釣り人に目撃されている。証言によると「怪物は5メートル先に浮上した。背ビレはなく、黒い体に盛り上がった背骨がはっきりと見えた。怪物出現と同時に魚がかからなくなった」とのこと。

この釣り人はこの1年前にも巨大生物を見ており、この時は体長6〜8メートル、横幅は1・5〜2メートルはあり、もっと大きい個体であったらしい。となると、少なくとも怪物は2体はいるのだろうか。つまり、種として繁殖グループがある可能性があるのかもしれない。

この巨大生物の正体はいったい何であろうか。「ゴンドウクジラ説」「イルカ説」「スナメリ説」「アザラシ説」などいくつかあるが、真相は不明である。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る