「怪談」のルーツ…小泉八雲が子供の頃に遭遇した妖精はエイリアン!?

 小泉八雲は日本の近代における怪談の祖であるが、そのルーツは少年時代の幻想体験にあるという。日本に帰化する前の旧名は、パトリック・ラフカディオ・ハーンといい、ギリシア・レフカダ島にて生を受けた。

 なおハーンという姓は、ジプシーの出自であり、ハーンの叔母にあたる人物が、アイルランドの田舎道でジプシーに未来を占ってもらったところ、「あなたは私たちの仲間です」と言われたというエピソードと玄孫である小泉凡氏が「民俗学者小泉八雲」(恒文社)にて紹介している。

 八雲本人もジプシーの血統である事に誇りを持っていたらしいが、アイルランド人の父親と、ギリシア人の母親との間に生れた八雲は、アイルランドのダブリンに移住するが、両親の離婚により、近在に住む大叔母に引き取られる事になった。




 16歳のときに左目を失明し、父の病気で失っている。更に、資産家であった大叔母の破産により退学に追い込まれてしまう。

 この当時、八雲は霊や妖精等、怪しいモノを目撃する体験をしている。八雲が目撃した怪しい存在の中で、最も印象的なものはのっぺらぼうであろう。大叔母ブレナンの家に、秋から春にかけて逗留するジェーンという女性の生霊らしきものを目撃しており、その顔がのっぺらぼうであったと回想している。怪談「むじな」への布石は既に打たれていたのだ。

 実は、エイリアン拉致の被害者は、野外よりも自宅の寝室からさらわれることが多い。つまり、就寝中にエイリアンに遭遇しているのだ。ならば、八雲が見た妖精や魔物たちは、現代風に解釈すればエイリアンということになる。また、エイリアンの遭遇者の中には、エイリアンの容姿を目も鼻もない“のっぺらぼう”と表現しているものもいるのだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©写真検索さん




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る