ウマの顔にブタの体!?謎めいた生物「テンビーの獣」とは

海岸や河川にて発見される漂着した生物の死体は、その多くが肉の 塊のようなものであったり、哺乳類らしい場合は凶暴な小動物のよ うな外見をしている事が多い。

だが、2013年にイギリスはウェールズの海岸で発見されたこの 生物の死体は、これまでにない異形の外見から大きな騒動に発展した。




2013年の2月27日に海岸を歩いていた近所の人物が発見、馬 の頭にブタの胴体という奇妙な姿であったため、写真を撮影してFacebookに掲載した所、この生物の正体を巡って議論が巻き起こった。

なお、発見者は初め子馬の死体かと思ったが、近づいて みると全く違った体や手足であったため怪物だと思ったそうだ。確 かに手には馬やブタには見られない鋭い爪のようなものがある。

果たして、この生物の正体はなんなのか。

写真が公開された時、ネットではアメリカで発見された謎の生物の死体である「モントーク・モンスター」との類似が指摘され、イギリスでも怪物が発見され たと話題になった。




だが、地元の新聞社などが専門家らに鑑定を依 頼した所、アナグマなどの生物である可能性や、偶蹄類や奇蹄類の 子供の死体であるという2種類の仮説が出てきたという。ただし、腐敗が進行していた点などもあって、動物の種類を特定することは 難しいという結論が出ていた。

現在でもこの「テンビーの獣」の正体は不明のままとなっている。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

**NEW** Can anybody identify this creature?

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る