東尾理子の子供の教育方針をめぐり主婦たちが論争?!怒らない教育と叱らない教育の違い

4月25日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』で、石田純一の妻である東尾理子が出演し、その教育方針を披露したが、その是非を巡ってネットではちょっとした論争が起こっている。

長男の理太郎君が癇癪(かんしゃく)を起し、バイオリンを床に叩きつけても、東尾は決して怒らず冷静に何が悪いのか諭していたのだが、この姿勢に関して主婦たちの間で議論がかわされている。

「東尾理子の怒らない教育は素晴らしい」と絶賛する声もあるが、一方で「感情的に子供を怒らないのは正解だが、もっと厳しく叱るべきだ」とか「あれば怒らない教育ではなくて、単にしつけが出来てないだけ」という反対意見もある。

子供の教育に関しては「怒る教育」「叱る教育」「放任主義」「子供の自主性を重んじる教育」と様々な考え方があるが、この論争は永遠に終わりそうもない。

中村昭代





 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る