【山口敏太郎の直言】100万寄付は安倍夫人の講演料辞退をさす?敵の敵は味方?左翼の論理がわからない

 いよいよ、籠池の証人喚問が始まった。なんらかの爆弾発言が飛び出すのは間違いないが、その発言内容が事実か否かは確固たる証拠がない限り、安倍内閣退陣のような形にはならないであろう。

 そもそも、安倍総理の100万円寄付問題も、総理夫人の安倍昭恵から籠池理事長が受け取る瞬間を目撃した人物はいない。




 また、証拠となる振込票の控えも森友学園側が自分たちで振り込んだ控えであり、昭恵夫人や安倍総理が寄付した証拠にはなりえない。
 万が一、寄付していたとしても違法性はない。

 講演会のあと、安倍昭恵が籠池理事長から差し出された講演料を辞退し、それを寄付という形で処理しただけではないのか。

 となると何のための証人喚問なのか、不可解この上ない。何らかの隠し球があり、不正行為を行った政治家を糾弾できるのか、そのあたりを注意深く観察したい。

 それにしても、籠池理事長の横でニッコリ笑ってカメラに収まる福島みずほの気が知れない。
 今まで自民党利権の権化のように籠池理事長を批判していた社民党や共産党が、籠池証言で安倍総理の首がとれるかもしれないと思った途端に握手である。




 敵の敵は味方という論理かもしれないが、あまりにも節操がない。内ゲバや裏切りなど左翼の変節漢はいまに始まったことではないが、呆れてしまった。

 本来この事件は国有地が不当な価格で民間に売り渡されたという部分が肝である。その部分をないがしろにしてはいけない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る