ディズニーランドにて乳児産み落としか?汚水施設にて遺体を発見!

 16日午後1時、千葉県浦安市舞浜の東京ディズニーランドに隣接する水処理施設内にて、えい児の遺体が発見された。

 場所は施設内のろ過装置部分であり、定期点検を行っていた委託業者が発見したという。点検作業は1日1回行われるもので、前日の午前11時頃にも作業が行われたが、この時は異常は見られなかったらしい。




 県警によると、遺体は15〜20センチ程度で手のひらほどの大きさである。目立った外傷はなく、生後間もないものと見られており、腐敗はしておらず現時点では性別は不明となっている。

 こちらの施設は園内のトイレの汚水を処理する施設であり、東京ディズニーランドが管理しており、一般人は立ち入り不可で普段は施錠されているという。
 園内及び同社事務所からの汚水が流れ込まない構造になっているので、この遺体は園内から流れてきた可能性があると見られている。




 現時点ではディズニーランド内のトイレでえい児が産み落とされた形跡や痕跡は確認できていないとのことである。

 県警では防犯カメラの解析や周辺への聴きこみを進めると共に、遺体の司法解剖を行って死因や身元の特定などを捜査していく予定だという。

(勝木高行 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る