フー・ファイターズ再び!?旅客機を追う謎の発光体!

先日、アトラスではGoogle Earthにて中国上空の衛星画像に写る、飛行機を先導するように飛行する謎の発光体について報告した。

このようなUFOは第一次・第二次世界大戦中に各地の戦闘機乗りに目撃され、フー・ファイターズと呼ばれていた。




大きさは車と同じくらいで、全体が光り輝きしばしば戦闘機と同じスピードで追走してきたという。

近年、このフー・ファイターズらしき飛行機に追走するUFOの姿が時折確認されている。

上は2月25日、スウェーデンのGnesta、Sodermanlandにて撮影されたものである。撮影者は恋人と共に芝生で一休みしていたところ、上空を飛行していく旅客機を発見。

ちょうどカメラを持参していたので記念に撮影しようかと思ったところで、彼の恋人が飛行機にの近くに発光体が出現したのを見つけた。

その発光体は飛行機を追走するように移動しはじめたため、慌ててカメラを向けて何枚かシャッターを切ったのだと言う。




幸い、1枚にはっきりと姿が捉えられていたため、彼は民間のUFO研究家チームに投稿したのだという。

果たして、この物体は何だったのだろうか。過去に世界中の戦闘機乗りを恐れさせたフー・ファイターズが再び姿を現したのだろうか?

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る