【実話怪談】美味しいタンパク源

(証言者:Aさん 埼玉生まれ 北海道在住 男性 教育関連 40代)

 民話の収集に励む太狸庵さんが北海道の某所で聞いた奇談である。

 その町には現在でも火葬場がない。とんでもない田舎というわけでもなく、人口もそこそこで、勿論、定期的に死者は出ている。それなのに火葬場はないのだ。




 もし死者が出た場合は隣町の火葬場に行って、焼くのだという。今時火葬場が無いとは不思議だなと彼が思っていると、一人の古老が口を割ってくれた。

 「実は終戦後しばらくは火葬場はあったんじゃ」
 「それは何故、なくなったのでしょうか」

 老人の話によると、太平洋戦争直後まで火葬場は存在したのだが、ある事件がきっかけで廃止された。その事件とは、そこに勤める職員の不祥事である。

 その職員は戦後の食糧難でも顔色はよく生き生きしていた。みんなが飢えてがりがりにやせ細った時代に、肌が張ってつやつやしている。

 「あの男の顔色は逆に不思議じゃ」 

 その事を不思議がる人々がいたのだが、ある時衝撃的な真相が明らかにされた。

 なんとその職員は、こっそり遺体の脳味噌を焼いて食していたのだ。白くてやわらかい脳味噌は焼けるとなかなか美味で、一度口にしてしまうと禁断の味の虜になってしまうらしい。




 勿論、脳味噌はタンパク質がたっぷり含まれており、健康維持にはぴったりである。
 
 そして・・・火葬場は廃止された。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©写真素材足成





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る