【動画】テヘランをUFOが襲撃!?数千人が目撃した激突エイリアンvsイラン空軍!

今なお内戦などで政情不安定な状況が続く中東各国から、衝撃的な映像が届いた。

こちらはイランの首都テヘランにて今月半ばに撮影されたと言われているもの。なお、日にちに関しては情報が錯綜しているが15日から17日にかけてとみられている。




撮影場所はテヘランの Enghelab squareであり、午後5時頃でまだ明るい時間帯だった事もあって多くの人々が付近を歩いていた事が解る。そんな折、急に大きな爆発音が町中に響き渡る。イラン空軍が何かに対して対空迎撃体勢に入ったのだ。

すわミサイルや戦闘機が襲来したのかと町を歩いていた人々がパニックに陥る様子も動画に捉えられている。だが、彼らが見上げた空に存在していたのは、謎の複数の発光物体であった。戦闘機などとは違う発光物体は複数、編隊飛行して町の上空に出現、空軍の攻撃なども気にする様子はなく、やがて数を減らして消えていったという。

この模様はテヘランにいた何千もの人々に目撃され、複数の人が一部始終を動画や写真に収めることに成功し、一部の動画はYoutube等ネット上に上げられた。また、人々は後に戦闘機が緊急出撃して町の上空を旋回していた様子も目撃している。

果たして、この動画に捉えられた飛行物体の正体は何だったのか。イラン空軍は領空侵犯してきた他国のUAV(無人機)であり、どこが送り込んできた物なのか追求すると発表したそうだが、一部始終を目撃した市民らは「あれは無人機などではなく、UFOに違いない」と述べている。




目撃者らによれば、問題の発光物体のような飛行機などはこれまで見たことがないし、また途中で方向転換するような飛び方はできないという。また、空軍も普通の無人機であったならば、町中に来る前に察知して迎撃するはずなので、今回のような対処法は普通とらないはずだというのだ。

果たして、白昼のテヘランに出現した飛行物体の正体は何だったのか。イラン空軍、そして海外のUFO研究家らも正体を分析中であるという。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連動画
UFO in Tehran, Iran under Artillery Fire 1162017

※画像はYOUTUBEからのキャプチャ

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る