怪談 百物語の女

 或る年の事、某寺にて百物語が開かれた事があった。この寺の小僧が大層物好きで、若い仲間を集めて百物語をやろうと提案したのだ。

 「せっかくの夏じゃないか、怪談でもやろうじゃないか」
 「そうだ!どうせやるなら、江戸の作法で本格的にやらないか」
 小僧と仲間たちは喜々として準備に勤しんだ。薄暗い本道には、無骨な蝋燭が百本据え付けられた。淡い焔が本堂の壁に揺らいでいる。
 今回の趣向は、別室で怪談を一話語り、終わった話り手は、そのまま本堂へ行って一本の蝋燭を吹消し、帰路に着くというものである。

 「この趣向だと、後になる程、怖いじゃないか」
 「そうよ、最後に残る程、豪の者ということになる」
 人々は不安げに囁いた。つまり、最後はまったくの一人になってしまうのだ。

 「ひいい、俺からやらせてくれぃ」
 大勢集まったのだが、臆病者から先にやり、段々と夜が更けていった。最後に小僧と刀屋の息子、莊屋の息子の3人が残った。
 「この三人しか残らなかったか」
 小僧がぽつりとつぶやいた。
 灯は二本となっている。
 「じゃあ、私がひとつ」
 刀屋の息子が怪談を語り、一本の蝋燭が消え、最後の灯りのみ残った。
 「では、最後は私が語ろう」
 莊屋の息子が言った。




 主催者の寺の小僧が見守る中、莊屋の息子が語り終わり、本堂で最後の蝋燭が消された。
 「…」
 莊屋の息子は、しばし、その場所に留まった。だが、特に変わった事は起こらない。
 (終わった、だが怪異など起きないじゃないか)莊屋の息子は、鼻で笑った。

 莊屋の息子が語り部屋に帰ってくると、寺の小僧と、刀屋の息子が待っていた。
 「どうでした? 何かありましたか」
 小僧が聞いた。
 刀屋の息子も、百話目に何か起こるか気になったらしく、自分の話を語り終えた後も、自宅には帰らずそのまま待っていたのだ。
 
 「何もおきやしないよ」
 莊屋の息子は、無愛想に言った。
 「そうか」
 刀屋の息子は、少々がっかりしたようだ。
 「それより、お二人、夜も更けた事ですし、今宵は寺にお泊まりください」

 小僧の薦めで、二人は寺に泊まることになった。一緒の部屋に三人で川の字になって寝始めたが、百物語の興奮がおさまらない。
 特に莊屋の息子は、いつまでたっても寝つかれなかった。
 (いかん、まったく寝れない)耳には二人の寝息が響いてくる。こうなると余計に寝られない。

 ふと、隣に寝ている小僧の夜着を見た。何者かが、馬乗りになっている。莊屋の息子は恐怖で全身が硬直した。
 (あれは、いったい、なんだ) 酷く痩せ、頬のこけた女の幽霊が、小僧の横に立っている。
 無論、小僧は熟睡している。
 (なんだ、あの女は…)恐怖のあまり、莊屋の息子は夜着の下でぶるぶると震えた。間違いなく生きている人間
ではない。

 女の幽霊は、小僧の夜着を持上げると、「ふう~」と息を吹いた。
 (なにをしたんだ、あれは)上下の歯ががくがくと揺れ、どうにも噛み合わない。小僧の精気を吸い取ったのであろうか。
 女の幽霊は、音もなく移動した。今度は、刀屋の息子の上に馬乗りになった。暫く、すると、女の幽霊は、刀屋の息子の夜着を持ち上げると「ふう~」と吹いた。
 またしても、精気を吸われたのであろうか。

 「おい、大丈夫か、おい目を覚ませ」
 莊屋の息子は、恐怖に震えながらも二人の名を呼んだ。…だが、返事がない。
 (もう死んでいる。今度は自分の番なのか)と思うと恐ろしくて、頭の中が真っ白になった。

 女の幽霊は、青白い顔をこちらに向けた。
 (来るな、こっちに来るな)莊屋の息子は、心の中で叫んだ。

 すると一番鶏が鳴いた。
 「朝か、朝が来たのか」
 女は霧のように消えていった。
 後には、二人の死骸が残されている。命拾いした莊屋の息子は、以来信心深い男に変わった。
 (助かった、もうあんな恐ろしい目には逢いたくない)莊屋の息子は、その足で氏神様に祈りに行った。




 「こうして、祈ることで魔物を遠ざけたいのだ」
 莊屋の息子は必死だった。
 こうして、毎日のように氏神様参りを続けた。すると、どういうわけだが、帰り道いつも同じ女に会う。
 「こっ、こんちわ」
 「いつも、熱心ですね」
 
 最初は挨拶程度だったが、満願の日にはすっかり心やすくなり、いつしか二人は深く愛し合うようになった。そして、二人は夫婦になった。そして、それはそれは幸せな暮らしを送っていた。
 夫婦となり、しばらく経った或晩。妻が台所へ行ったものの、なかなか帰ってこない。
 「どうした、なにかあったのか」
 莊屋の息子が覗くと…。

 妻が火を吹いていた。
 「ふっ~」
 「あああっ、あの横顔は…」
 その顔は先年、寺で見たあの女の幽靈であった。
 (そう言えば、百物語は去年の今夜であったな)莊屋の息子は、ぞっとしながら部屋に引き下がった。

 ―――妻は死者だったのか
 今、妻が背後に立っている。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像 ©写真素材足成

 

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る