ウルトラ兄弟の長男「ゾフィー」の役者はあの有名女子アナのお父さんだった!

1966年からはじまった特撮番組『ウルトラマン』。その最終回、倒れた初代ウルトラマンを助けに登場するのがウルトラ兄弟の長男のゾフィーである。

このゾフィー、実はウルトラ兄弟の中では唯一地球にとどまった事の無い人(宇宙人?)なのだが、実は過去に数回だけ人間を姿を借りていたことがある。




『ウルトラマンタロウ』に登場したゾフィーは地球に潜伏するため、とある科学者の姿を借りるのだがその科学者を演じていたが、現在フリーアナのアヤパンこと、高島彩のお父さんである俳優の竜崎勝だ。

竜崎勝は1960年代〜80年代にかけて数々のドラマに出演。一時は『くいしん坊!万才』のリポータとしても活躍していた。知的な風貌と彫りの深い顔立ちの二枚目でさらなる活躍が期待されていたが、1984年、44歳で死去。

ちなみに、2006年に放送された『ウルトラマンメビウス』でゾフィー役を演じた俳優・田中実は竜崎勝と同じく44歳でこの世を去っていることは何とも不思議なめぐり合わせである。

(ミッチェル横山 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

※画像はDVD『ウルトラマンタロウ COMPLETE DVD-BOX』カバーより




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る