付き人にハンガーひと突き、暴行!?大物俳優Bはキレたらヤバかった!

大物俳優でドラマや映画では温厚な役柄の多いBは、世間からのイメージとは裏腹に凶暴な性格の持ち主で、かつては同業者から恐れられていたという。

Bは演技力が高く売れっ子だったため、若者の付き人志望が絶えることは殆ど無かったが、多くの付き人は1~2ヶ月ほどでBのもとを離れ、生まれ故郷に帰っていったという。




付き人が離れる原因はBのパワハラにあったという。

Bの得意技は「飛び膝蹴り」で、その長身から放たれる蹴りはマトモに食らうと肋骨の1~2本は軽く折れたという。

また、Bの恐怖伝説を語る際に必ず話題に出るのが「ハンガーくるくる事件」である。

これはとあるテレビ局の楽屋でBの身の世話をしていた付き人がミスを犯し、怒り狂ったBが付き人を暴行。最終的には壁にかけていたハンガーでメッタ打ちにし、ハンガーの金具が付き人の頭に刺さってしまった。




楽屋に鮮血が飛び散る中、それでも怒りの収まらないBは「俺が『いい』というまでそのままでいろ!」と命令し、哀れ!付き人は頭に刺さったハンガーをくるくると回しながら楽屋でBの世話を行ったといわれている。

今でもハンガーがつき刺さった付き人がどうなったのか、安否が気になるところだが、当のBは悪びれる様子なく、割と近年まで芸能界の第一線で活躍し続けていたという。

(パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像 ©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る